2020年10月09日

マイタケ採ったどー

先日の奥駆道で登山道から外れ数メートル先。
目を疑うようなほぼ収穫期ジャストのマイタケ発見!
超貴重な天然マイタケなのでぜひとも食べたい欲望に勝てず
すみませんねと頂く事に。
(あのまま放置し朽ちると来年はもう生えない)
みんなで分けましょう♪と言うも素人のキノコ判定、全員首を横に振り。
レジ袋に入れ手持ちで大切に家まで運びました。
(同行の皆さんの反応は正しい)

持ち帰ったキノコは961g じわりと重いハズです。
当日、ひとまず出汁で炊いたのを私が毒見後
翌日以降の天ぷらは家族で頂きました。

お味は市販マイタケとは別格。
まず香りはマイタケそのもの+栄養を吸収していた木の香り
歯ごたえは生命力感じる固さでやはり野趣あふれるお味です。

マイタケの根元はセンチコガネが休憩しており6匹も出てきたので、
翌日 槇尾山に開放してきました。

当面は金山を掘り当てた気分で過ごしたいと思います。
なんか最近とってもツイててラッキーな事ばかり起きるタカハシでした。
DSCF3059.JPG


※私有地であっても国有林であっても植物やキノコを採取し持ち帰る事は窃盗罪に値します。
キノコの持ち帰りについては、キノコ狩りの許可が明示されている場所や
土地所有者の許可を得た場所で、キノコの知識もしっかり備えたうえで、行うようにしましょう

posted by 大阪白樺クラブ at 15:14| Comment(0) | 日記